【介護施設あるある】夜勤の仮眠時間はないものと心得よ!?
スポンサーリンク

 

どの業界でも「あるある」話ってありますよね?

出来れば、自分自身がその業界に就職する前に、出来るだけ細かく正確な情報が欲しいものです。

この記事では、「介護施設あるある」の中でもよく耳にする、

「夜勤の仮眠時間はないものと心得よ!?」

について、介護士目線で書いていきます。

スポンサーリンク

夜勤で仮眠は取れるのか?

❶夜勤の仮眠は本当に休めるのか?

結論から言えば、介護施設での夜勤の仮眠は、

「ほぼ休めません」

「ほぼ」と言ったのは、施設の種類によっても、仮眠時間が違ったり、利用者さんの状況によっても大きく変わってくるためです。

以下で説明していきます。

❷施設によって仮眠時間の差がある?

仮眠時間の差は、施設によって大きく異なります。

だいたい、1時間~6時間くらいの間で、仮眠時間の差があります。

グループホームなどでは、5時間から6時間とれる所もあるそうです。

特養なら2時間~3時間といった所が多いようです。

そしてもちろん労働時間によっても変わってきます。

❸拘束時間から考える仮眠時間

「グループホームなどでは、仮眠が5時間~6時間あるところもある」

と聞けば、

「それならだんぜんグループホームがいいじゃん♪(*´▽`*)」

と思うのが普通だと思います。

しかし、やはりそんな旨い話はありません。

拘束時間16時間で、仮眠2時間 → 例えば「特養」
拘束時間21時間で、仮眠6時間 → 例えば「グループホーム」

あなたなら、どちらを選びますか?

と言う話です。

もちろん例外的にもっと職員思いの施設もあります。

私はだんぜん拘束時間が短い方を選びます(;^ω^)

 

スポンサーリンク

夜勤で仮眠がとれない理由あるある

❶夜勤は「ナースコール」の嵐!?

ちゃんと職員のことを考えてくれる施設などは、

職員がしっかり休める為の仮眠の環境

も整えてくれていることでしょう。

しかし、スタッフルームとは言え、ナースコールが鳴り響く所とふすま一枚隔てているだけの仮眠室もあります。

当然、

チャンチャン♪チャンチャン♪

とナースコールは鳴り響きます。

夜中の利用者さんの訴えって本当に多いんです。

例えば、夜中に5回くらいトイレに行く利用者さんが、5人くらいいるだけでも、職員は座って休憩することも出来ないでしょう。

❷なぜ仮眠時間に合わせて「大声」を出すっ!?

これは本当に不思議ですが、やっと仮眠時間がおとずれ、

「今日は特に疲れたから、たとえ30分でも眠るぞー!」(*´▽`*)

と布団に入って目をつむった瞬間から、

「あぁ~~、あぁぁ・・・あぁあぁ~~~!」

と、どこかから地響きのような大きなうめき声・・・。

「な・ぜ・い・ま・!?・・・(--〆)」

これ、本当に多いんです。

❸「眠る」ための体内リズム

よく言われることですが、人が心地よく眠るには、

「就寝直前にお風呂に入ってはいけない」

などと言われます。

これは、心地よく眠りにつくには、寝る前に一度体温を下げないといけないからなのですよね。

心も体も興奮している状態では当然眠れません。

しかし、介護現場での夜勤は、仮眠の直前まで走り回っている可能性があります。

オムツ交換や失禁での更衣介助、そして、連発するトイレの訴えなどのナースコール対応・・・。

「ぐっすり眠るためには、就寝2時間前にお風呂を済ませましょう。」

などと言われるのに、介護職員が仮眠をしっかり眠れる頃には、

「仮眠時間終わっとるやないか~い!?\(゜ロ\)」

ということですね。

 

そして、さらにヒドイ介護業界あるある・・・

ここからは、良い施設と悪い施設で大きく分かれる所でしょう。

❶夜勤明けの残業ってあり!?

私が勤めてきた施設では、この過酷な夜勤をした後に、

「やっと帰れるー(*´▽`*)」

と思っていたら、

「残業お願い!人がいないから仕方ないの。」

「・・・・・・」

 

絶句ですよね。

こういうパターンが本当によくありました。

簡単に言うと、昨日の17時から翌日の12時頃までの夜間の約19時間を、仮眠も出来ず、ひたすら動いているという状態です。

こういう施設は職員に甘えすぎです。異常です・・・。

❷夜勤明け翌日に出勤!?

そして、夜勤明けの残業と対をなす問題勤務が

「夜勤明け翌日の出勤」

です。

通常は、17時から翌日の9時頃までの夜勤なら、確実に翌日は休みです。

ろくに仮眠も出来ないで、丸2日分夜中に働いた後なんだから、当然ですよね。

でも、施設の都合で、「夜勤明け翌日が出勤」なんて事もあります。

ヒドイ時は、

「夜勤明けの残業」+「夜勤明け翌日出勤」

のコンビネーションパンチもありました。

こうなると、もう完全にアウトですね。

❸「夜勤は楽だろ!?」(゚Д゚😉!?

そして、人を人とも思っていないような幹部や経営者は、

「夜勤は楽だろ!?」

「自分の時代は、もっと少ない人員で回していたんだぞ!」

などと言うヤカラもいます。

当然この人たちは、夜間の現状を知りません。

当然ですが、このような施設には人は集まりません。常に人手不足です。職員がかわいそうです。

 

さいごに

仮眠で寝ようと思っていたけど、その時に限って利用者さんが大声でうめき出して眠れなかった。

そして、眠れなかった苛立ちと動きっぱなしの疲れで、夜勤後半になるにつれ、イライラは募るばかり・・・。

夜勤が虐待の温床になってしまう要因になるのもうなずけます。

だから、夜勤をする人は、心のマネジメントと、時間のマネジメントをしっかりとしないと、夜勤が苦痛で仕方ないと思います。

私が過去に勤めていた施設でもあったことなのですが、同じ夜勤でも、

看護師さんのほうが仮眠時間が長い!?

なんて事がありました。

「なんで差別するの!?(゚Д゚;)」

この時点で

「介護」という仕事を下に見ている

のがはっきりわかりますよね。

介護業界が健全に働ける場でないことははっきりしています。

「4K」は間違いないです。

虐待した者を叩くことは簡単です。

しかし、それでは

「誰得!?」

なのです。

だから、そうなる前に「虐待の芽を摘むために出来ること」に全力をあげるべきなのです。

犯人探しなどに力を入れるべきではありません。

虐待の芽を摘むには、

介護職員を本当に「人」として扱うこと

が最優先であると私は思っています。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事